Home > お客様の声  > イタリア中世の街をたどって

イタリア中世の街をたどって

イタリア湖水地方へ

オルタ・サン・ジュリオ今回の旅は、イタリア中世の街を辿ってみようと思い、BITTOさんに計画をお願いしました。

岸伝いの小さな街オルタ。別荘や美しい庭をもつ家々が広がっています。オルタ湖に浮かぶ、オルタ・サン・ジュリオには静かな空気が流れています。ここへは、ボートで渡ります。

教会の内部には、素晴らしいフレスコ画があり流れてきた歳月を感じる。紅葉に染まる小さな島に建つ小さな教会が、オルタ湖の水面に映り月並ですが、やはり絵葉書をみるようです。 色とりどりに染まる山々を目の前に、カサカサと落ち葉を踏みしめマッジョーレ湖へ寄り道です。イタリア湖水地方の美しい風景にうっとり。マッジョレー湖は小高い丘から臨み湖水の景色を満喫。湖の中には、ボッロメオ家の宮殿と庭がありますが、残念!11月になると島へは渡ることはできません。湖水に映るアルプスの山々と紅葉の素晴らしいコントラストに目を奪われてぱなしの一日でした。

オルタでの宿泊は、こじんまりとしたアットホームなホテルです。お米料理部門で、グランプリを獲得されたシェフが腕を振るわれた夕食に舌鼓みを打ちました。朝夕、オルタ湖と雪を頂いたアルプスの山々を眺めて過ごしていました。ただ、偶々当日はレストランでゆっくり落ちつける雰囲気ではないようでした。テーブル数が、少し多いいのでは・・(止むを得ないかなぁ)

ラファエロの美女に逢いに

ウルビーノ街角翌日は、オルタ市を離れウルビーノへ。 ドゥカーレ宮殿の中に、国立マルケ美術館とは一石二鳥そのもの。是非観たいと思っていた、ラファエッロの「黙っている女」前で暫くの間凝視していました。 逢いたかったのです! ラファエッロの生家で、フレスコ画「聖母子像」を観る。凛としてじっとこちらを見据え自分の意志を持つ女性、かたや優しい慈愛に溢れ全身で愛情を表す女性。どちらの女性も魅力的です。 また、丘から眺めるドゥカーレ宮殿も圧巻です。中世の街並みは、石畳・石段・坂道ばかりで冷たいはずなのに、旅人をふんわりと包み込んでくれました。「古くて、美しい中世の街」を確りと感じさせてくれます。

モンテグリドルフォボローニャ近く、何れは「世界遺産」に・・と思わせる中世の村が丸ごとホテルになっています。 勿論、数件の家屋とレストランがあり、村の人々が美味しい食事とワインを求めてやって来ます。 夜は、近くの村祭りへ。この大勢の人たちはいったいどこから?たくさんの小さなお店が所狭しと石畳の道にチーズ・ワイン・香辛料・雑貨等々並べています。道の角からは、音楽も・・この賑やかさは、夜更けまで続いたことでしょう。

古代〜中世の遺跡が

リミニまた、エミリア街道から少し離れて、リミニ、グラダーラへ大きく寄り道。先ず、リミニでは初代ローマ皇帝アウグストゥス帝の門。数千年もの間何を見続けていたのだろう。大きな柱の中にまた円柱が、この円柱で強度が増しているのかな・・ 未だに未完成なマラテスティアーノ寺院。荘厳な寺院の彫刻に心が落ち着きます。千年前の巨石で造られたテイベリオの橋。ローマ時代の「外科医の屋敷跡」。手術道具の種類の多さににびっくり。

さらに寄り道して

グラダーラさあ、次の寄り道先はグラダーラです。広大なお城の城壁の上を歩きまわり、お腹も空きます。お城傍の可愛いレストランへ。観光地のレストランは「まずい!」というのは、日本だけかな?(ゴメンナサイ)兎に角美味しいのです。また前菜の彩りはお見事。さすがイタリアのセンスですね。

ボロー二ャへ。ここも中世の街。中世の街でデモに遭遇。おかげでゆっく見物とゆかず、駆け足で通りぬけることに。それでも、サン・ペトロニオ聖堂、大昔の運河に架かる橋。街なかに聳えるボロー二ャの斜塔を見る。斜塔は左右高い砦と、傾いたので少し削った低い塔から成っていて、不思議な感じを受けました。

夢のようなお城のホテル

パヴォネ城エミリア・ロマーナをはなれ雪を頂いたアルプスの山々を眺めトリノを目指す。トリノ郊外の小高い丘に建つ、千年前のお城がトリノでのホテルです。 ライトアップされたお城は、神秘的な世界への入り口です。 家具などの調度品は、女性オーナーさん自らのデザインによるものだそうです。すべて、ため息の連続です。 夕食の度にレストランの場所が変わったり、驚くことばかりです。勿論、お料理にも心配りがあり、月並みですが「まあ綺麗!美味しい!」しか言えない。お腹を摩りながら、次のお料理に・・といった具合に。翌朝は、オーナーご自身に城内を案内していたき、感激のひと時を過ごす。

トリノにもこんなに見所が

ストゥビニージ宮殿トリノでは、まずストゥビニージ宮殿へ。ここは、「狩りをするための館」だけに造られたとか。でも豪華な別荘にしか思えない。内部は美術館・家具博物館になっているが、現在修復中で見ることはできなかった。

次は、リーボリィ城。外見から見るとお城としては質素そのもの、いえいえ中に入るとやはり宮殿です。絵画・彫刻・フレスコ画等々目にも鮮やか。驚いたのは、この中では現代美術館で常設展もあり、新人アーチストの作品も並べてある。面白い企画ですね。

サクラ・ディ・サン・ミケーレ僧院960余メートルの山に建てられた、サクラ・ディ・サン・ミケーレ僧院。鉄の門をくぐり、内部へ。ひんやりした空気が、身を刺し気持ちが引き締まる。階段を上ると、目の前に広がる大パノラマは圧巻です。3300メートル級のアルプスの山々を背に渓谷が広がり、遥かトリノの街、ポー川、トーラ川を望める最高の景色を見ることが出来ました。ここサン・ミケーレ僧院は、フランスのモン・サン・ミッシェルと似ているのだそうです。

トリノ市内では、またまたストに出会い街中駆け足で通りすぎました。垣間見ただけでしたが放射線に延びて行く繁華街は、やはりお洒落な人たちで溢れ周りのお店も楽しそうで建物も美しいのです。ここはチョコレートも有名ですよね。 また、華麗なサヴォィア家の屋敷・広大な庭園にも驚きです。この豪華な貴族の暮らしの下には、市井の人々のどんな暮らしが・・・と思うのは、一先ず置くことにしましょう。

パックツアーでは決して体験することのでない、「街の歴史と味覚」そして、寄り道旅の醍醐味も教えて頂きました。大満足のイタリア中世の旅を、計画して下さった、BITTOさんに感謝いたします。すべてに精通されているBITTOさんならではの案内に、暫し「充実した旅人」気分に浸ることができました。