Home > お客様の声  > トスカーナの丘と湖水地方へ

トスカーナの丘と湖水地方へ

パルマの田舎で

パルマ・オペラ座バカンスの混雑を避けて、7月初め早めの夏休みを取り、ん回目?(笑)のイタリアへ行ってきました。これまで、ミラノ、ローマなど大都市しか行ったことのなかった私にとって、ガイドのBittoさんの心強い案内と手配のおかげで、素晴らしい思い出を作ることができました。

マルペンサ空港に降り立った私は、明日からの観光に備え、専用車でパルマの田園の中に立つ、農家を改築したモダンなホテルへ向かいました。営業を始めて1年目、部屋の中はもちろん、バスルームやトイレまで、ピカピカでした(笑)。
生ハムの試食翌朝さっそく、パルマの郊外にあるパルミジャーノレッジャーノ(日本ではパルメザンチーズと呼ばれている)チーズ工場と、生ハムの工場見学へ出発。Bittoさんの通訳で、きちんと理解することができました。お昼は、切りたての生ハムがメインのイタリアン(当たり前ですね(笑))。体重も気にせず平らげましたよ。

シエナのパリオ

シエナのパリオ、カンポ広場を埋め尽くす観衆と馬の行進パルマを後にした私たちは、トスカーナの古都で、Bittoさんの故郷シエナへ。今回の旅の一番の目的でもある、パリオを見るためです。パリオとは、裸馬による競馬で、世界遺産のカンポ広場で毎年7月2日と8月16日に開かれます。私は、指定席ではなく、たくさんのお客さんの熱い雰囲気を感じたくて、自由席を希望。そのために、夜8時頃から始まる競馬のために、朝の9時半から地元の人に交じって場所取りをしたんですよ。Bittoさんの地区は残念ながら優勝を逃しましたが、彼の詳しい解説で旅行者の私もパリオを十分堪能できました。

世界遺産の街めぐり

ピエンツァ周辺また、トスカーナ地方では、糸杉となだらかな丘陵地帯で知られるオルチャの谷や、理想都市建設を目指して15世紀に造られたピエンツァ市街の歴史地区へも足を延ばしました。さらに海沿いを北上して、チンクエテッレの村々を訪ね、海の幸を満喫、そしてモデナの市街地など、すべて世界遺産の街を訪ねました。プライベートツアーならではのだいご味を味わいました。

今度は大切な人と

旅の最後には、湖水地方のコモ湖とマッジョーレ湖でのんびり・・・Bittoさんが手配してくれたホテルは、湖に面し、ロマンチックな雰囲気いっぱい! 今度は大切な人と訪れたいと強く思いました。たくさんの見どころを満載したBittoさんのスケジュールは、のんびり出来るところもしっかり入っています。今回の旅では、写真もたくさん撮りました。今は、その整理に追われています(笑)。Bittoさん、本当に大満足!ありがとうございました。