Home > イタリア旅行の豆知識  > イタリアトイレ事情

イタリアトイレ事情

街でトイレに行きたくなったら

バールのトイレ洗面台イタリアを旅行される場合、トイレを探すのが案外難しい事となります。 まず、美術館、劇場、レストラン、に行かれる機会があったら、必ずそこで済ませます。 日本のようなデパートが少ないイタリアでは、デパートでトイレを簡単に済ませる事はなかなか無理です。

一般的にはバールに入り、まずトイレがあるか、ないかを確認、それからコーヒーなどを注文し、トイレに行っても良いか、店の人に尋ねます。鍵を店の人が管理している場合は、それを貸してくれます、これは治安のためですね。このバールの場合は、何か注文をするのがマナーです、なにも飲み食いしないのにトイレだけと言うわけにはいきません。何か注文したのですからトイレのためにチップを残す必要はありません。

駅のトイレは有料のところは、比較的綺麗ですし、治安的にも安心です。 それから、マクドナルドや、アウトグリルなどファーストフードのお店なら飲食しなくても、なんとなくトイレに行くことが可能な場合がありますので、緊急の場合はこの方法も良いかもしれません。

ホテルのトイレは

ホテルのトイレは2つホテルに入ると気がつかれる事があります。 トイレのウォーターが2つ並んでいます。一つはビデです。 よくイタリアでは東洋人がやって来ると、ビデに用をたして、後で始末にあたふたする、ホントにね困るよね、なんて冷笑の種にされます。くれぐれも気をつけて、水しか流れませんから!

習慣の違い

シャワーとビデこのビデは習慣の違い、まずイタリア人は湯船に浸かる事が極端に少ないのです。 素敵な女優がろうそくを灯してあわだらけの浴槽に浸かってなどと素敵なイメージ映画のシーンを思い浮かべますが、これは特別ですね。 ほとんどの人はシャワーで済ませます、それも就寝の前ではなく、どこかにお呼ばれの前の身支度としてです。清潔にする事が第一目的です。

従って、毎日の日課としてのお風呂の習慣は皆無と言っていいでしょう。 日本人のお風呂好きは世界に有名です。ホテルでは日本人の団体が到着すると一斉に湯船に水を張り始めるので、水道の元栓を締める場合もあるほどです。これはトイレ事情というよりお風呂事情ですね。さて、このような習慣ですから、毎日入浴の際に局部を洗う日本人には全く必要のないビデが大活躍となります。そこだけは清潔に!!ですね。

水をかぶらないように

前を向いて座るか、後ろを向いて座るか悩みどころですが、要は洗えれば良い訳ですから、気を使わないでください。ビデによっては鯨の潮吹きのように下から勢い良くシャワーが出るスタイルもありますから、蛇口が二つ在る場合は注意が必要です。 つい蛇口をひねろうと前かがみになっていて、顔にシャワーを浴びてびっくり腹立たしい経験をすることになります。

このビデは、子供のオムツをとった時に、濡れティッシュで拭くより、お尻を洗ってしまう、こちらの方が清潔とイタリア人のお母さんは、こんな使い方もしています。小さい子供の大便の後も大体ビデでお尻をあらわせます。

日本のような温暖設備ばっちり、強弱シャワーがととのった、トイレのウォーターがイタリアに進出するのはいつになるやら???それまでは伝統のビデが大活躍するでしょう。